3時間睡眠法で差を付けろ!トータルな短眠法で人生が2倍

 

これまでに頂いたご質問です。




実践して分からないことがあれば質問を受け付けて頂けるでしょうか?

どうぞ、遠慮なさらずにご質問下さい。できる限りサポートさせて頂きます。



実践したり継続するのは大変でしょうか? あと道具を使ったり、これ以上にお金を使いますか?

ご質問ありがとうございます。
道具は使いませんし、お金もまったくかかりません。ですので体1つで実践でき、継続が簡単です。これまでの短眠法のように、変わった食習慣を強要したり、意志力が必要だったり、難しいエクササイズを要求したりということはありません。その点でこれまでの短眠法よりも優れていると思います。



実行するのに時間はかかりますか?

特別に用意して頂く時間というのは、ほとんど必要ありません。15分もあれば充分です。



私は普段9時間以上寝ないと頭がすっきりしないタチですが、そんな私でも効果がありますか?

効果はあると思います。むしろなぜ9時間の睡眠が癖になっているのか。睡眠と頭の活性度について、新たな理解と気づきを与えられると思います。もちろん、9時間の睡眠が急に3時間になるわけではありませんが、6時間ならすぐに可能だと思います。それでも毎日3時間の得ですので、積み重ねは大きいと思いますよ。



私はこれでに短眠法や3時間睡眠法と名の付く本は全て読んでいると思いますが、そんな私でも学ぶところがあるでしょうか? 失礼ですが、買って損したと思いたくないので質問させてもらいました。

ご質問ありがとうございます。私もおそらく全て読んでいると思いますし、短眠以外にも睡眠に関する本はかなり読んでいます。しかしそれでも短眠できなかったのが事実です。そして現在は3〜5時間睡眠で継続できています。その違いを産んだのは、これまでの本にはない完全にオリジナルな気づきです。今回の情報はその部分ですので、ご安心下さい。



初めまして。質問させてください。この方法は不規則な生活の人にも有効でしょうか?あと睡眠不足だと起きた直後以外にも午後になってから眠くなったりするんですがそういうのもなくなるんでしょうか?非常に興味ある内容なので宜しくお願いします。

ご質問ありがとうございます。規則正しい生活の方が、短眠には有利なのは事実ですが、技法自体は別に不規則でも可能です。私自身も結構不規則です(^_^;) あと午後の眠気ですが、基本的に眠りを深くすることで短眠にしています。だから、何もしない3時間睡眠よりも、この技法での3時間睡眠の方が、午後の眠気がマシにはなります。ただ、どれくらいマシなのか、あるいは全くなくなるのかは、その人の技法の修練度によります。あと、眠気を飛ばす技術を2つ用意していますが、それはもちろん午後の眠気にも大活躍です。重宝しますよ。よろしくお願いします。



恐れ入りますが、短眠を継続することで体調を悪くするというようなことはありませんか?私は以前短眠を1年くらい続けたら体を悪くした経験があるものですから。よろしくお願いします。

ご質問ありがとうございます。無理な短眠や、意志力で継続する短眠はおっしゃる通り、体に悪いと思います。今回提案させて頂いてる短眠法は、基本的には無理はしません。これまでの眠りの質を劇的に変える方法ですので、結果的に睡眠時間が減る感じです。8時間睡眠の方が5時間睡眠くらいなら無理をしないで行けると思います。それ以上の短眠は、体調には充分注意して行って頂きたいと思います。よろしくお願いします。



Q&Aに見当たらない質問をさせて下さい(3点)。(質問1)年齢によって効果に差が出ますか?(質問2)精神的疲労時、または運動疲労後も同様の効果が得られますか?(質問3)固い突っ込んだことをお聞きして恐縮ですが、眠りの質を変えられる根拠、また安全性についての根拠が書いてあるかどうか教えてください。苦労してやっと見つけられたという方法に大変興味を持ちましたが、短眠可能な根拠と安全性が一番気になります。アカデミックな説明というよりも、出品者様の仮説ということで結構ですので書いてあるか否かについてよろしければ教えてください。

ご質問ありがとうございます。年齢的な差ですが、技法的には、特に問題ないと思われますが、統計を取っていないので、正直、断言はできません。すみません。(2)は理論的にはどちらにも聞きますが、経験上は特に精神的な疲労や、頭脳の疲労に効果があります。肉体的な疲労が激しい時には、それだけで充分に良質の睡眠を用意してくれるからです。(3)の根拠は記していますが、科学的ではありません。「こう仮定すると、さまざまな現実の説明がつく」という感じです。その仮説と、既に実践された方の声によって、眠りの質を変えられるというのは、言えると思います。ただ、安全性ですが、個人個人の疲労の質にもよりますので、誰もが確実に3時間睡眠で健康でいるとは言えないと思います。その辺りは、自分の体と充分に対話しながら進めて頂きたいと思っています。

 
c 2005 aya sahara. All Rights Reserved.